【全作品完結済み】名作揃いのおすすめミステリー漫画

 

本記事では、巧妙なトリックや張り巡らされた伏線をノンストップで楽しめるように、既に完結したミステリー漫画の中から、おすすめの名作ミステリー漫画をピックアップしています。

 

 

最近の更新履歴

2023.12.06|『MONSTER』追加

2023.10.05|『SOIL』追加

 

 

読者を謎解きの旅に誘い、鋭い知性を発揮しながら、奇抜な思考を繰り広げていく名作ミステリー漫画。

作品の背後に眠る複雑なパズル、巧みな心理戦、そして深まる謎を解き明かしていく驚異的シナリオ。

本記事では、想像を超えるトリックや、真相に迫る謎解きの途中で間を空けることのないように、数多く存在するミステリー漫画の中から、選りすぐりの完結ミステリー漫画をまとめています。

 

 

 

 

漫画を読み続けて30年以上のおじさん達で、「何度読んでも面白いと言える名作」や「誰かに刺さりそうな作品」を中心に、読了済みの作品で構成しています。

面白い完結ミステリー漫画が増えた際には、随時更新しておりますので、楽しんでいただけたら幸いです。

 

普段の表情のアサギ

アサギ

深入りしすぎて夜も眠れない。

ニコリと笑う表情のヤス

ヤス

結果、寝落ちするまで読み続けちゃう。

 

■当メディアはAmazonアソシエイトなどの各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事内で紹介している商品を購入した際、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

 

下表は本記事で紹介している完結ミステリー漫画の早見表です。表示画面に応じてスクロールしてご覧下さい。

目次漫画
【5巻以内完結】
おすすめミステリー漫画
漫画『AKECHI』3巻 江戸川乱歩 イイヅカケイタ漫画『十角館の殺人』5巻 綾辻行人 清原紘漫画『ロスト・ラッド・ロンドン』1巻 シマ・シンヤ漫画『Another』3巻 綾辻行人 清原紘
【10巻以内完結】
おすすめミステリー漫画
漫画『万能鑑定士Qの事件簿』1巻 松岡圭祐 神江ちず 清原紘漫画『テセウスの船』2巻 東元俊哉漫画『幽麗塔』1巻 乃木坂太郎漫画『僕だけがいない街』1巻 三部けい
【15巻以内完結】
おすすめミステリー漫画
漫画『モンキーピーク』1巻 志名坂高次 粂田晃宏漫画『サマータイムレンダ』13巻 田中靖規漫画『SOIL』11巻 カネコアツシ
【20巻以内完結】
おすすめミステリー漫画
漫画『三億円事件奇譚 モンタージュ』10巻 渡辺潤漫画『約束のネバーランド』1巻 白井カイウ 出水ぽすか漫画『MONSTER』1巻 浦沢直樹
【30巻以内完結】
おすすめミステリー漫画
漫画『20世紀少年』15巻 浦沢直樹漫画『金田一少年の事件簿 File(1)』天樹征丸、金成陽三郎 さとうふみや

 

注:本文中にて完結ミステリー漫画と一緒に紹介されている各種キャンペーンは、予告なく終了している場合があります。ご了承ください。

ミステリー漫画の魅力に迫る

ミステリー漫画の世界へようこそ

 

ミステリー漫画は、複雑に絡み合った物語と意外性のある結末で、読者を物語の中に深く引き込む力を持っています。

 

作者が仕掛けた謎やパズルを、巧みに頭の中で組み立てながら解き明かしていく事件の数々。

物語を進めていくにつれ、次々と紐解かれていく事件の真相からは決して目を逸らすことが出来ません。

実際に、漫画の人気投票やランキングでは、ミステリージャンルが常に上位にランクインしており、その人気の高さがうかがい知れます。

 

本記事では、これまで世間を賑わせてきたヒット作から少しマイナーな作品まで、期待を裏切らない、アクティブに物語に参加していけるような名作ミステリー漫画を紹介しております。

お好みの絵柄や完結巻数・見所などを参考に、心行くまでミステリー漫画の世界をお楽しみください。

 

ミステリー漫画の背景知識

 

ミステリー漫画を読み込む際には、ミステリー漫画の背景知識を深めることで、作品の鑑賞をより豊かに行うことができます。

 

面白いと感じるミステリー漫画の中には、実在の事件や文学作品、歴史的な人物や社会現象などを物語に織り交ぜ、ストーリー全体や各エピソードの中に散りばめている作品が多いです。

頭の隅に眠っていた小さな記憶をかすめ取るようなシナリオ展開から、深い洞察と驚きの感動を得ることが出来ます。

 

隠された意味や作者の意図をより良く捉えることで、ミステリー漫画の鑑賞はより一層深いものになっていくことでしょう。

 

アサギ

『三億円事件奇譚 モンタージュ』の実話とか。

ヤス

『DEATH NOTE』が問う正義の真理とか。

 

完結作品と連載作品の違い

 

完結作品と連載作品では、読み手の体験が大きく異なってくるため、どちらが自分の好みかを知っておくことも重要な要素です。

 

完結作品は、ストーリー全体を一貫して楽しむことができ、終わりまでのシナリオを一気に読むことが可能なため、物語を休むことなく追体験できる他、物語の全容も理解しやすいです。

一方、連載作品は、次々と巻き起こる新たな展開をリアルタイムで楽しむことができ、作者と読者の間で成長する物語を共有できる他、ファンコミュニティの交流も盛んに行われています。

 

自分が物語をどのように楽しみたいかによって、完結作品と連載作品のどちらを選ぶかが変わってきます。

一気読みを好むなら完結作品、物語の進行をじっくり楽しみたいなら連載作品がおすすめです。

 

※本記事では「完結作品」に強くフォーカスをあてているため、連載作品の紹介は行っておりません。

連載作品をお探しの方は、当ブログ内のカテゴリー「推理漫画」にて、様々なジャンルのミステリー漫画やサスペンス漫画を紹介しておりますので、そちらをご参照ください。

 

【5巻以内完結】おすすめミステリー漫画

AKECHI [3巻完結]

漫画『AKECHI』3巻 江戸川乱歩 イイヅカケイタ

 

書誌情報

原作/江戸川乱歩(明智小五郎シリーズ)

作者/イイヅカケイタ

主な作品:『GANTZ:G』『ヘルドッグス 地獄の犬たち』

 

単行本全3巻完結(2019.06)

1巻初版2018.12.24

集英社

あらすじ/見所/おすすめポイント

  • 古典名作の現代版アレンジ作品として描かれる探偵漫画。作者は『GANTZ:G』の作画を手掛けるイイヅカケイタ先生。
  • 物語の主人公は、普段は古書店を営む、のどやかな青年‷明智小五郎(あけち こごろう)‴。冷静な表情の裏に大いなる推理への情熱を潜ませ、幼馴染で正義感に溢れた刑事‷波越英一郎(なみこし えいいちろう)‴が持ち込む難事件の数々を、原作さながら、抜群の推理力で颯爽と解決していく。見つからない凶器を一瞬で見つけ出し、優れた洞察力で事件の裏側までも見透かしていく恐るべき慧眼。破格の推理力のためか、いつも退屈そうに事件を見つめる明智であったが、恐るべき犯人の凶弾は、遂に明智の喉元近くへと襲い掛かってくる。
  • 精巧なトリックに彩られたストーリー展開に加え、美麗なイラストでわかりやすい描写が、読者を作品の世界へと没入させる注目のミステリー漫画。単行本全3巻にて一応の完結を迎えているものの、続きの気になる終わり方での終幕に、続編に期待せずにはいられない作品が仕上がっている。

※商品ページでもレビューを確認できます。

[PR] お得なキャンペーン情報<適宜更新>

【DMMブックス】 ※初回購入限定90%OFF。値引き上限2,000円。

完読後・読中の感想/レビュー

普段の表情のアサギ

アサギ

‷緑川‴と‷明智‴の関係性好きだな~。

ニコリと笑う表情のヤス

ヤス

続編熱望!!メッチャ続き読みてぇ!!

 

十角館の殺人 [5巻完結]

漫画『十角館の殺人』5巻 綾辻行人 清原紘

書誌情報

原作/綾辻行人『十角館の殺人』

漫画/清原紘

主な作品:『Another』

 

単行本全5巻完結(2022.05)

1巻初版2019.11.22

講談社

2024/実写ドラマ

あらすじ/見所/おすすめポイント

  • 綾辻行人先生が手掛けた推理小説『十角館の殺人』を、コミックリメイクして描かれる新本格ミステリー漫画。1980年代に出版された原著『十角館の殺人』は、累計発行部数100万部を超える大ヒットを記録した超人気作品。
  • 物語の舞台となるのは、「十角館」と名付けられた、孤島に佇む十角形の奇妙な館。半年前に設計者が謎の焼死を遂げたという、いわくつきの物件である。大学のミステリ研究会に所属する主人公グループは、この日、仲間と共に島へと上陸し、十角館での観光旅行を楽しむ予定であったが、道中で耳にするのは島にまつわる不穏な噂……。物語の鍵を握るのは、島内に足を運んだミス研メンバーと、旅行には参加せず本島に残った同じくミス研メンバー。島内には「謎のプレート」、本島では「死者からの手紙」と、島内外のミス研メンバーそれぞれに、不穏で謎めいた事件が次から次へと襲いかかってくる。
  • 怪事件の度に推理を重ねるも、見事なまでに読者を騙していく妙妙たるミステリー漫画。かつての「新本格ミステリ」が、時代を超えて、美麗なイラストと共に再び現代の読者を鮮やかに翻弄していく。

※商品ページでもレビューを確認できます。

[PR] お得なキャンペーン情報<適宜更新>

【DMMブックス】 ※初回購入限定90%OFF。値引き上限2,000円。

完読後・読中の感想/レビュー

普段の表情のアサギ

アサギ

こりゃ面白い!予想が完全に外れた!

考えている表情のヤス

ヤス

待望の実写化!ドラマも観たい!

 

ロスト・ラッド・ロンドン [3巻完結]

漫画『ロスト・ラッド・ロンドン』1巻 シマ・シンヤ

書誌情報

作者/シマ・シンヤ

 

単行本全3巻完結(2021.06)

1巻初版2021.01.12

KADOKAWA

あらすじ/見所/おすすめポイント

  • 印象的な作画と雰囲気で、イギリスの首都‷ロンドン‴を舞台に描かれていくクライム系ミステリー漫画。
  • 物語の主人公は、大学の同級生と同居生活を送る青年‷アル‴。いつも落ち着いた様子で、何気ない日常を過ごしていたアルは、ある日テレビのニュースでロンドン市長殺害の事件を耳にすることとなる。同居人である‷カラム‴と事件に耳を傾けていたことろ、ニュースでは犯人がアルと同じ地下鉄を利用していたことが報じられ、物騒な世の中だなと日常会話に和む2人。その後、大学の冬休みを利用して帰省するカラムを見送ったアルは、家の鍵を探すために事件当日の上着へと手を伸ばす。……上着に何か違和感を感じたアルが、おもむろにポケットに手を伸ばすと、不吉な予感が的中するかのように、出てきたものは、犯行に使用されたと思われる「まだ新しい血まみれのナイフ」であった。
  • 「人生なんて、たったひとつの出来事で変わっちまうもんだ」というホームレスの言葉から、数奇な運命が廻り始める宿因的なミステリー漫画。少しずつ手に入る事件の小さな手がかりが、ゆっくりとおぼろげに事件の内側を覗かせていく。

※商品ページでもレビューを確認できます。

[PR] お得なキャンペーン情報<適宜更新>

【DMMブックス】 ※初回購入限定90%OFF。値引き上限2,000円。

完読後・読中の感想/レビュー

普段の表情のヤス

ヤス

ナイフ見つけた直後の呼び鈴は中々キツイ。

普段の表情のアサギ

アサギ

絵柄も表紙もストーリーもグッド!

 

Another [4巻完結]

漫画『Another』3巻 綾辻行人 清原紘

書誌情報

原作/綾辻行人『Another』

漫画/清原紘

 

単行本全4巻完結(2012.01)

1巻初版2010.10.04

KADOKAWA

2012/実写映画

あらすじ/見所/おすすめポイント

  • 綾辻行人先生が手掛けた小説『Another』を原作に、清原紘先生がコミカライズを担当したホラー系のミステリー漫画。原作小説『Another』は漫画化に加え、アニメ化や実写映画化もされている程の大人気作品。
  • 物語の舞台となるのは、「厄災」の歴史を持つ、不気味に佇む校舎‷夜見山北中学校‴。この学校の三年三組では、〈ある年〉にクラスの一員やクラスの家族が多数亡くなるという、代々に渡って発生する謎の怪事件が存在する。不幸にも、療養のために三年三組へと転校してきた主人公‷榊原 恒一(さかきばら こういち)‴は、転校後まもなく、日常に潜む不気味な違和感を感じ始める。なぜか自分の話しかけているミサキという女生徒は、自分以外の生徒にはまるで見えていないかのように振る舞われており、意味深な発言を繰り返すミサキの謎めいた言動から、恒一は次第に、自分の置かれた状況に気味の悪い想像を掻き立てていくこととなる。
  • 推理欲を掻き立てるミステリアスな展開に加え、暗さを際立たせるホラー描写で、読者をグイグイと物語へ引き込んで行く学園ミステリー漫画。巻末に書かれた、原作者からの漫画版に対する惜しみない賞賛コメントからも、作品の完成度の高さがうかがい知れる。

※商品ページでもレビューを確認できます。

[PR] お得なキャンペーン情報<適宜更新>

【DMMブックス】 ※初回購入限定90%OFF。値引き上限2,000円。

完読後・読中の感想/レビュー

普段の表情のアサギ

アサギ

これは名作!没入感もメチャクチャ高い!

驚愕の表情をしたヤス

ヤス

まさかの展開!最後の最後まで面白い!

 

 

 

【10巻以内完結】おすすめミステリー漫画

万能鑑定士Qの事件簿 [10巻完結]

漫画『万能鑑定士Qの事件簿』1巻 松岡圭祐 神江ちず 清原紘

書誌情報

原作/松岡圭祐

漫画/神江ちず

キャラクター原案/清原紘

 

単行本全10巻完結(2017.05)

1巻初版2013.08.03

角川書店

2014/実写映画

あらすじ/見所/おすすめポイント

  • 「Qシリーズ」として知られる松岡圭祐先生が手掛ける推理小説シリーズを、神江ちず先生の手によってコミカライズした探偵もののミステリー漫画。2014年には、綾瀬はるかさん主演のもと実写映画も公開されている大人気作品。
  • 物語の主人公は、美しい容姿に潤沢な知識を兼ね備え、類まれな観察眼で人々を魅了する万能鑑定士‷凜田 莉子(りんだ りこ)‴。可憐な姿からは想像もできない程の幅広い知識を武器に、難解な事件に関わる万物の真贋を即座に見極めていく。始まりの事件の発端は、街のあちらこちらに散見される独特な顔をした「力士シール」。2人の描き手によって描かれたと予想される何の変哲もないただのシールが、あろうことか国家を震撼させる日本史上最大級の事件へとつながっていく。
  • 「面白くて知恵がつく人の死なないミステリ」というキャッチフレーズを持つ推理漫画。前評判通りの美しいトリックの数々が、かくも鮮やかに難攻不落のミステリーを演出していく。

※商品ページでもレビューを確認できます。

[PR] お得なキャンペーン情報<適宜更新>

【DMMブックス】 ※初回購入限定90%OFF。値引き上限2,000円。

完読後・読中の感想/レビュー

驚愕の表情をしたアサギ

アサギ

ただの過去編に隠されていた伏線…。

驚愕の表情をしたヤス

ヤス

このトリックは脱帽だわ!

 

テセウスの船 [10巻完結]

漫画『テセウスの船』2巻 東元俊哉

書誌情報

作者/東元俊哉

主な作品:『破道の門』『プラタナスの実』

 

単行本全10巻完結(2019.12)

1巻初版2017.09.22

講談社

あらすじ/見所/おすすめポイント

  • 死刑判決を受けた父親の冤罪を信じて動き出すタイムスリップサスペンス漫画。2020年には、俳優の竹内涼真さん主演のもとテレビドラマ化された人気作品。
  • 物語の中心にそびえるは、1989年に起きた犠牲者21人の無差別毒殺事件。当時、事件の容疑者として逮捕されたのは、主人公‷田村心(たむら しん)‴の父親‷佐野文吾(さの ぶんご)‴であった。父親が凶悪犯罪者という最低のレッテルを貼られたことから、これまで、なるべく事件には触れず隠れるように生きてきた田村。しかし、妻である‷由紀‴が、娘を出産する前に遺した「事件には冤罪の可能性がある」という言葉から、田村は初めて事件と向き合っていくこととなる。その後、疑惑や追及を重ね、導かれるように事件が起きた村へと辿り着くことになる田村。ゆっくり歩き出すと同時に、何故か辺りは白い霧へと飲み込まれ、田村の目の前には、1989年当時の事件前の現場が静かに広がっていく。
  • 当時の現場で田村が目にするのは、優しい父の姿と疑わしい父の姿。「本当に犯人は父親なのか?…」紐解かれていく事件の全貌から、思考を止められないストーリーが目まぐるしく展開されていく。

※商品ページでもレビューを確認できます。

[PR] お得なキャンペーン情報<適宜更新>

【DMMブックス】 ※初回購入限定90%OFF。値引き上限2,000円。

完読後・読中の感想/レビュー

驚愕の表情をしたヤス

ヤス

まさかまさかの場面でタイムスリップ!

驚愕の表情をしたアサギ

アサギ

怪しいやつばっかじゃねーか!

 

幽麗塔 [9巻完結]

漫画『幽麗塔』1巻 乃木坂太郎

書誌情報

作者/乃木坂太郎

主な作品:『医龍』

 

単行本全9巻完結(2014.12)

1巻初版2011.12.05

小学館

あらすじ/見所/おすすめポイント

  • 黒岩涙香の翻案小説『幽霊塔』をもとに描かれる、人間としての成長や葛藤を描き出していく名作ミステリー漫画。コミカライズされた本作品『幽麗塔』は、2014年度のセンス・オブ・ジェンダー賞にて大賞を受賞した経歴を持つ、非常に評価の高い作品。
  • 物語の舞台となるのは、殺された老婆の幽霊が出ると噂されている不気味に佇む時計台‷幽霊塔‴。幽霊塔には、人を吊り上げられるほどの頑丈な針を持つ時計台や、異様に出力が大きい動力などの大仕掛けが施されており、その作りは非常に堅牢に出来ている上、内部構造はかくも巨大な迷宮と化している。何故、このような大仕掛けを時計台に施したのか? 実は幽霊塔はただの時計台にあらず、何十億もの財産を守る、とてつもなく巨大な金庫として使われており、作中では、幽霊塔を舞台とした様々な犯行や名推理が繰り広げられていくこととなる。
  • 登場人物たちの多様な目論見を複雑に絡ませ合いながら、謎解きを超え、人間の本質へと迫っていくミステリー漫画。幽霊塔攻略と共に描かれていく登場人物たちの心からの叫び声が、読者を、心理的で新しい物語の世界へと誘っていく。

※商品ページでもレビューを確認できます。

[PR] お得なキャンペーン情報<適宜更新>

【DMMブックス】 ※初回購入限定90%OFF。値引き上限2,000円。

完読後・読中の感想/レビュー

普段の表情のアサギ

アサギ

幽霊塔攻略後のストーリーには脱帽。

驚愕の表情をしたヤス

ヤス

あれ…?男⁉ …え⁉女⁉

 

僕だけがいない街 [9巻完結]

漫画『僕だけがいない街』1巻 三部けい

書誌情報

作者/三部けい

 

単行本全9巻完結(2017.02)

1巻初版2013.01.25

KADOKAWA

あらすじ/見所/おすすめポイント

  • 予想外のタイムリープの展開によって、並々ならぬストーリーを映し出していくミステリー系のSFサスペンス漫画。「マンガ大賞2014」において第2位を受賞した経歴を持ち、累計発行部数は500万部を超える人気作品。
  • 物語の鍵を握るのは、主人公である29歳の漫画家‷藤沼 悟(ふじぬま さとる)‴が持つ「再上映(リバイバル)」と呼ばれる特殊能力。基本的に自分の意志とは関係なく発動し、強制的に過去へと戻され、直後に起きる「悪いこと」を取り除くまで何度もタイムリープしてしまうという特殊な能力である。ある日藤沼は、自身の母親が殺害されてしまったことをきっかけに、何とかリバイバルの能力を使い、母親の殺害を阻止することができないものかと強く念じていた。その甲斐あって、無事にリバイバルは発動され、何とか過去へと戻ることに成功した藤沼。しかし、母親が殺される前の少し過去へ戻り、事件から母親を助けるはずだった藤沼が辿り着いた場所は、あろうことか遥か昔、1988年のまだ幼い小学生時代であった。
  • 思いもよらないロングタイムリープをきっかけに、壮大な事件が幕を開けていく学園ミステリー漫画。フランスのSF専門出版社による「歴史改変SF大賞」(The Prix de l'Uchronie)においては、日本の漫画史上初となる「グラフィック賞」にも選出されている。

※商品ページでもレビューを確認できます。

[PR] お得なキャンペーン情報<適宜更新>

【DMMブックス】 ※初回購入限定90%OFF。値引き上限2,000円。

完読後・読中の感想/レビュー

普段の表情のヤス

ヤス

完全に予想外のラスト!!見事に騙された!!

驚愕の表情をしたアサギ

アサギ

‷悟‴の行動力にハラハラしちゃう!!

 

 

 

【15巻以内完結】おすすめミステリー漫画

モンキーピーク [12巻完結]

漫画『モンキーピーク』1巻 志名坂高次 粂田晃宏

書誌情報

原作/志名坂高次

主な作品:『凍牌』

作画/粂田晃宏

 

単行本全12巻完結(2019.10)

1巻初版2017.02.09

日本文芸社

続編アリ

あらすじ/見所/おすすめポイント

  • 『凍牌』などでもお馴染みの志名坂高次先生が原作を務めるパニック系ミステリー漫画。累計発行部数は200万部を超えるヒットを記録しており、続編に『モンキーピーク the Rock』が描かれている。
  • 物語の舞台となるのは、綺麗な景観とは裏腹に、足元には大きな岩肌がひしめく死の山‷岩砕山‴。とある薬害問題に対する社内結束を高めるため、一致団結して山を登った藤谷製薬の社員たちは、突然現れた巨大な‷猿‴と思われる生き物との遭遇により、身の毛もよだつ恐怖の惨劇へと巻き込まれていくこととなる。見たことのない猿との遭遇に恐怖し、自身の置かれた状況にただただ怯え慌てる一行。しかし、妙に人間じみた猿の行動に疑惑の眼差しが向けられたことで、次第に物語は、内通者の存在を疑わずにはいられない、謎が謎を呼ぶ懐疑的な状況へと変化していく。
  • 恐怖の中で次々と覗かせていくのは、精神的限界を超えてしまった人間たちの隠されていた野生の本性。スリリングに進む急展開に加え、パニックに陥ってしまった人間の心理模様から、目が離せないストーリーが連続していく。

※商品ページでもレビューを確認できます。

[PR] お得なキャンペーン情報<適宜更新>

【DMMブックス】 ※初回購入限定90%OFF。値引き上限2,000円。

完読後・読中の感想/レビュー

驚愕の表情をしたアサギ

アサギ

これはヤバい!続きが気になりすぎて一気読みしてしまった!!

考えている表情のヤス

ヤス

え、この猿って本物……?

 

サマータイムレンダ [13巻完結]

漫画『サマータイムレンダ』13巻 田中靖規

書誌情報

作者/田中靖規

 

単行本全13巻完結(2021.04)

1巻初版2018.02.02

集英社

あらすじ/見所/おすすめポイント

  • 島に眠る不吉な言い伝えをきっかけに、ひと夏の離島サスペンスへと物語を進めていくSF系のミステリー漫画。連載当時は「少年ジャンプ+」の看板作品として親しまれ、2022年に放送が開始されたテレビアニメでも多くの反響を集めた大人気作品。
  • 物語の舞台となるのは、「影を見たものは死ぬ」という、謎の言い伝えを残す離島‷日都ヶ島(ひとがしま)‴。中学卒業を機に島を出た高校生‷網代 慎平(あじろ しんぺい)‴は、不幸にも海の事故により亡くなってしまった幼馴染の葬儀に参列するため、この日、故郷の島へと帰郷を果たしていた。見慣れた風景の懐かしさに心を弾ませながらも、連れ添った幼馴染の突然の死に心を痛める慎平。そんな中、葬儀にて再会した親友からひっそりと告げられた、「…今回の事故には他殺の可能性がある。」という不穏な言葉から、事態は思いもよらぬ超展開へと急速に拡大していくこととなる。
  • 自身の命を犠牲にしたタイムリープをきっかけに、ミステリアスに加速し、多重に絡まり合う時空を歪めた物語。巻頭から何度も読み返さずにはいられない回想ストーリーが、読み進める程に読者の耳目をそば立てていく。

※商品ページでもレビューを確認できます。

[PR] お得なキャンペーン情報<適宜更新>

【DMMブックス】 ※初回購入限定90%OFF。値引き上限2,000円。

完読後・読中の感想/レビュー

驚愕の表情をしたアサギ

アサギ

読み応え抜群の超展開の連続!影がやばい!

考えている表情のヤス

ヤス

ネタバレなしで読み始めたら止まらんぜよ。

 

SOIL [11巻完結]

漫画『SOIL』11巻 カネコアツシ

書誌情報

作者/カネコアツシ

 

単行本全11巻完結(2011.02)

1巻初版2004.02.12

エンターブレイン

2010/実写ドラマ化

あらすじ/見所/おすすめポイント

  • 不気味な一家失踪事件を物語の始まりに、次々と巻き起こる摩訶不思議な怪事件を描いていくクレイジー系ミステリー漫画。
  • 物語の舞台となるのは、一見平和そうに見える新興住宅地‷そいるニュータウン‴。ある日起きた「鈴白一家失踪事件」をきっかけに、「校庭に出現した巨大な盛り塩」や「鱗模様の怪しい人物の出現」など、一体何が起きているのかもわからないまま、ミステリアスな物語はダークに進行していく。別事件から発見された「街中に仕掛けられていた監視カメラ」を機に、より一層深みへと誘われていくこととなる、未知なる怪奇事件の数々。やがて物語は、全貌を隠しながらも混迷を極め、舞台は、‷異物‴を巡る壮大な超常現象へと向かって、休むことなく歩を進めていく。
  • 独特な筆致で、読者を次々と虜にしていく未曽有の暗黒迷宮物語。単行本の帯では、オリエンタルラジオの中田敦彦さんやPUFFYの大貫亜美さんなど、名だたる有名人からも惜しみない称賛コメントが多数寄せられている。

※商品ページでもレビューを確認できます。

[PR] お得なキャンペーン情報<適宜更新>

【DMMブックス】 ※初回購入限定90%OFF。値引き上限2,000円。

完読後・読中の感想/レビュー

驚きの表情をしたアサギ

アサギ

いかん!飲み込まれる…!!

大笑いしている表情のヤス

ヤス

刺さる人には超刺さる漫画!!

 

 

 

【20巻以内完結】おすすめミステリー漫画

三億円事件奇譚 モンタージュ [19巻完結]

漫画『三億円事件奇譚 モンタージュ』10巻 渡辺潤

書誌情報

作者/渡辺潤

主な作品:『代紋TAKE2』

 

単行本全19巻完結(2015.05)

1巻初版2010.10.06

講談社

2016/実写ドラマ

あらすじ/見所/おすすめポイント

  • 昭和時代最大の未解決事件として有名な「三億円事件」を題材に描かれる大ヒットミステリー漫画。2016年には、福士蒼汰さん主演のもとテレビドラマも放送された人気作品。
  • 物語の始まりは、事件から数十年が経過した2004年。ある日、2人の少年少女は、路上に倒れ込む血まみれの男性刑事と遭遇してしまう。驚く2人を他所に、今にも息を引き取りそうな男性刑事が欲していたものは、何らかのメッセージを伝えるための携帯電話。偶然出会った2人が小学生であったがために、携帯電話を持ち歩いていないことに落胆する男性刑事であったが、少しの会話から、居合わせた目の前の少年が‷鳴海 大和(なるみ やまと)‴だと知ったことで事態は急変。男性刑事は数奇な巡り合わせに驚きながらも、鳴海に「お前の父親は、三億円事件の犯人だ。」と告げ、残された最期の力を振り絞りながら、「誰も信じるな…。」と言い残し息絶えてしまう。
  • 社会の裏側を疾走していく大迫力のクライムアクションで、読み進めるのが止められないほどに引き込まれていく名作ミステリー漫画。昭和から送られてきた「血まみれの500円札」を携え、衝撃のクライムストーリーは瞬く間に日本列島を駆け抜けていく。

※商品ページでもレビューを確認できます。

[PR] お得なキャンペーン情報<適宜更新>

【DMMブックス】 ※初回購入限定90%OFF。値引き上限2,000円。

完読後・読中の感想/レビュー

驚愕の表情をしたアサギ

アサギ

これは名作!!どう転ぶかわからない超展開!!

驚愕の表情をしたヤス

ヤス

うお~、次々と事件が…!!

 

約束のネバーランド [20巻完結]

漫画『約束のネバーランド』1巻 白井カイウ 出水ぽすか

書誌情報

原作/白井カイウ

作画/出水ぽすか

 

単行本全20巻完結(2020.10)

1巻初版2016.12.07

集英社

2020/実写映画

あらすじ/見所/おすすめポイント

  • 「約ネバ」の愛称でお馴染み、閉ざされた孤児院からの脱出を目指して思慮を巡らす大ヒットミステリー漫画。累計発行部数は3000万部を超える人気を誇り、2020年には実写映画も公開された大注目の作品。
  • 物語の舞台となるのは、血縁関係のない兄弟姉妹が暮らす孤児院‷グレイス=フィールドハウス‴。この孤児院には、特殊な勉強とテストにより優秀な子供を育て上げ、里親の元へ送り出すという優れた習わしが存在する。ある日、喜ばしくも引き取り先の里親が見つかり、外の世界へと飛び出すことになったのは、うさぎのぬいぐるみを携えた可愛らしい少女‷コニー‴。送り出す当日、主人公の少女‷エマ‴は、孤児院をあとにしたコニーが、うっかり忘れてしまっていたぬいぐるみを届けるために、友人の‷ノーマン‴と共に暗い出入口の門へと近づいていく。しかし、何やら辺りに蔓延る不穏な空気に異変を覚え、思わず車の影へと身を隠すことにしたエマとノーマン。車の影から恐る恐る辺りを覗き、2人が視界に捉えたものは、異様な姿をした「鬼」のもとへ食肉として提供されていく、無残に変わり果てたコニーの姿であった。
  • 孤児院に隠されていた真実を知ってしまった子供たちによる、命を賭けた脱獄劇が敢行されていく学園ミステリー漫画。スリルを醸し出しながら描き出される迫真の脱出劇が、見るものすべてを釘付けにしていく。

※商品ページでもレビューを確認できます。

[PR] お得なキャンペーン情報<適宜更新>

【DMMブックス】 ※初回購入限定90%OFF。値引き上限2,000円。

完読後・読中の感想/レビュー

考えている表情のアサギ

アサギ

随所で訪れる謎解きも見逃せない!

驚愕の表情をしたヤス

ヤス

‷ノーマン‴の頭の中凄すぎ!

 

MONSTER [18巻完結]

漫画『MONSTER』1巻 浦沢直樹

書誌情報

作者/浦沢直樹

主な作品:『20世紀少年』『PLUTO』

 

単行本全18巻完結(2002.04)

1巻初版1995.08.01

小学館

あらすじ/見所/おすすめポイント

  • 救急で運び込まれた1人の子どもの命をきっかけに、壮大な事件の連鎖が紐解かれていくミステリー漫画。「第46回小学館漫画賞青年一般部門」の受賞に加え、「第3回手塚治虫文化賞マンガ大賞」を受賞した経歴を持つ人気作品。
  • 物語の主人公は、天才的な医療技術を持つ日本人脳外科医‷ケンゾー・テンマ(天馬 賢三)‴。テンマはある日、救急で運び込まれた「銃弾が頭部(左中大脳動脈)をかすめた少年」の治療にあたっていたところ、次の救急で運び込まれた「脳血栓の市長」への執刀を院長より突然命令されてしまう。人の命の平等さに悩みを抱えていたテンマは、院長の命令を無視する形で、先に運び込まれていた少年のオペを継続し、不運にも、オペを担当した少年は助かり、市長は亡くなってしまうこととなる。この出来事をきっかけに院長の反感を買い、次々と人生の歯車が狂いだしていくテンマ。しかし、事態は一層深刻な様相を呈し、自らが助けた少年の正体が、実は「冷酷無比な殺人鬼」であったという真実から、物語はめくるめく追跡と逃亡の日々へと変貌していくこととなる。
  • 様々な事件と登場人物を樹木のように絡ませ、ゆっくりとメインシナリオへ近付いていく名作ミステリー漫画。累計発行部数は2000万部を超えており、連載当時からたくさんの読者を魅了してきた大ヒットミステリー漫画である。

※商品ページでもレビューを確認できます。

[PR] お得なキャンペーン情報<適宜更新>

【DMMブックス】 ※初回購入限定90%OFF。値引き上限2,000円。

完読後・読中の感想/レビュー

驚いた表情のアサギ

アサギ

海外ドラマみたいな流れ。

普段の表情のヤス

ヤス

‷ルンゲ警部‴が良い味出してる。

 

 

 

【30巻以内完結】おすすめミステリー漫画

20世紀少年 [22巻完結]

漫画『20世紀少年』15巻 浦沢直樹

書誌情報

作者/浦沢直樹

主な作品:『MONSTER』『PLUTO』

 

単行本全22巻完結(2007.01)

1巻初版2000.03.01

小学館

続編アリ

あらすじ/見所/おすすめポイント

  • 子供の頃に描いた‷よげんの書‴をきっかけに、ミステリアスなストーリーを波紋のように拡げていく大ヒットSFサスペンス漫画。累計発行部数は3000万部を超える大人気作品。
  • 物語の舞台となるのは、世界滅亡に向かう20世紀末。物語の主人公‷ケンヂ‴は、失踪してしまった姉の娘‷カンナ‴を養いながら、忙しくコンビニを営む生活を送っていた。そんな日常の中、突如としてケンヂを襲うことになるのは、幼馴染の謎の失踪事件や、世界各地で次々と巻き起こる異変の数々。ふと幼き頃の記憶を辿り、友達みんなで空想した‷よげんの書‴が現実化しているということに気付き始めたケンヂは、複雑な疑惑を抱きながらも、当時の同級生の元を一つ一つ訪ね歩いていくこととなる。
  • 「第6回文化庁メディア芸術祭優秀賞」、「フランスジャパンエキスポアワードグランプリ受賞」、「アングレーム国際漫画祭最優秀長編賞」等々、日本を超えヨーロッパにおいても高い評価を獲得した珠玉のミステリー漫画。2008年~2009年に3部作として公開された実写映画は、興行収入100億円を超える大ヒットを記録している。

※商品ページでもレビューを確認できます。

[PR] お得なキャンペーン情報<適宜更新>

【DMMブックス】 ※初回購入限定90%OFF。値引き上限2,000円。

完読後・読中の感想/レビュー

考えている表情のヤス

ヤス

この‷ともだち‴は一体…。

普段の表情のアサギ

アサギ

記憶の中に知らない子供が…。

 

金田一少年の事件簿 [27巻完結]

漫画『金田一少年の事件簿 File(1)』天樹征丸、金成陽三郎 さとうふみや

書誌情報

原作/天樹征丸、金成陽三郎

漫画/さとうふみや

 

単行本全27巻完結(1997.12)

1巻初版1993.02.10

講談社

続編アリ

あらすじ/見所/おすすめポイント

  • シリーズ累計発行部数は1億部を超え、一時代を支えた推理漫画の金字塔。名探偵‷金田一耕助‴の孫‷金田一 一(きんだいち はじめ)‴を主人公に描かれる大ヒット探偵漫画。
  • 本作品の見どころは、言わずもがな主人公‷金田一‴が魅せる頭脳明晰な謎解きの数々。祖父譲りの緻密な推理力と鋭い洞察力を武器に、常識を超えた摩訶不思議な難事件を次々に解決へと導いていく。そんな金田一と相対するのは、独創的なトリックの数々で、次々と難事件を作り出していく謎の怪人たち。ホラー要素を取り入れて描かれる怪事件の数々が、読者の恐怖と推理欲をここぞとばかりに搔き立てていく。
  • 「ジッチャンの名にかけて!」や「謎はすべて解けた!」など、事件解決へ向けた決め台詞でも一世を風靡した元祖探偵漫画。1995年に始まったテレビドラマは何代にも渡ってリメイク放送され、世代を超えた長寿作品として親しまれている。

※商品ページでもレビューを確認できます。

[PR] お得なキャンペーン情報<適宜更新>

【DMMブックス】 ※初回購入限定90%OFF。値引き上限2,000円。

完読後・読中の感想/レビュー

驚愕の表情をしたアサギ

アサギ

子供の頃観たドラマはマジ怖かった!

考えている表情のヤス

ヤス

‷オペラ座の怪人‴に‷ジェイソン‴…、‷地獄の傀儡子‴に‷雪夜叉‴…。恐怖の連続やな。

 

 

 

編集後記

追伸

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

今後も面白い完結ミステリー漫画と出会えた際には、当ページを随時更新していきますので、また気軽にお立ち寄りいただけますと幸いです。

 

考えている表情のアサギ

アサギ

探せば大量に出てきそう…。

ニコリと笑う表情のヤス

ヤス

絶対まだまだあるんよね。忘れてるだけで。

 

「おすすめの完結ミステリー漫画」をまとめるにあたって

 

おすすめの完結ミステリー漫画をまとめる(選出する)にあたり、当ブログでは、紹介した作品の他にも、数多くのミステリー漫画を拝読しています。

 

どうしても性質上、人気漫画を筆頭に、編集者の読書歴や好みに偏ってしまう「おすすめ漫画」ですが、本記事で紹介しきれなかったミステリー漫画は、下記の記事にてジャンル別にまとめております。

紹介したミステリー漫画以外のミステリー漫画も読んでみたいという方は、下記の記事よりお好みの作品をお楽しみください。